読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽の下に咲く椿のように

「そのころ私はまだ15で、全てを知ることができる。全てを手に入れることができる。全てを彼に差し出し、共に笑い飛ばす権利が自分にのみあるのだと思い込んでいた。私が欲しているのは体を貫くようなまばゆい閃光だけなのだ。目が回るほど、息が止まるほど、…